報告

腎臓がん
04 /08 2011
今日、朝一で銀行に行き、定期預金を解約ドル袋
入院・手術費は、高額療養費や生命保険で戻ってくるけど、一旦立て替えないといけないのであせあせ(飛び散る汗)

で、妻と弟と愛知県がんセンターへ


まず、手術に耐えられるかどうかのチェックで心電図揺れるハート
健康診断だと、寝て測定するだけですが、それにプラスして、踏み台昇降を3分行い、すぐに横になり計測して、差をチェック。

続いて、肺機能検査、肺活量と、吐く強さ(?)をチェック、これをやるとタバコ吸ってるか吸ってないか、すぐに分かるそうです。私は、大丈夫ですが、タバコ吸ってると手術においてリスクとなるそうですあせあせ(飛び散る汗)

続いて、肺のレントゲンカメラ

そして、主治医の診察を受け、手術は問題なくできるとのこと。
しかし、部分切除で済むか全摘出か微妙なラインらしいがまん顔
どちらにしても、この後の造影MRIの結果(来週に結果が出る)で判断されます。

というわけで、午後は、MRIへ
がんセンターのMRIは、やはり最新式で、総合病院で受けたときは、非常に圧迫感というか閉所感があって怖かったですが、こちらは、全然、問題なし。しかも、ヘッドホンを付けて、あの雑音をさえぎると共に、イージリスニングが流れているるんるん
途中で、造影剤を腕から注入され、さらに撮影が続き、終了。

その後、入院受付に行き、入院の予約を入れました病院
入院は14日からに決まりました
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント