6月の走行距離

マラソン
07 /14 2017
もう7月の半ばですが、先月の走行距離
無題
毎月200kmの目標未達です・・・

ウルトラマラソン走ったあと1週間休養の予定にしていました。
その後、練習再開予定が子供のRSウイルスをうつされたのか39度の発熱。
2週間以上微熱とだるさが続き、足指にウイルス性イボができたり、顎関節症になって、食べれなくなったりと・・・
精密検査受けようか思うほど、体調悪かったです。

そして、だいぶ、よくなってきて、ようやく、走り出せるようになったところです。

ですので、ウルトラマラソン100kmを除くと練習で走ったのは、23kmだけです。
スポンサーサイト

飛騨高山ウルトラマラソン 完結編

マラソン
07 /12 2017
ようやく体調も戻ってきて、続きを書けます。

この後は、線路沿いに走っていきます。
気温も高くなってきて、足の疲れとあわせて結構つらい区間です。
途中から、71kmの部とコースが重なり一緒に走っていきます。

71kmの部でも、この時間でここを走っている人は、ペース的に同じ位です。
国道41号線の高架をくぐりしばらく行くと、71kmのコースはそのままゴール地点のアリーナへ向かいます。
100kmはここからラスボス峠目指して、また登っていきます。

川沿いや田んぼの中の道を走ります。

ラスボス峠手前にエイドがあります。
椅子に座って、休憩していると、隣の方と話していて、ここまでくれば、残り全部歩いても関門にかからずゴールできますね。と
話したら、「もう少し頑張れば、12時間切れそうなので、行けるところまで走ろうと思っています」とのこと。
私は、ゴールタイムの概念もなくなっていたようで、一つの区切りであるサブ12(12時間切り)は、まだ狙えるんだと。
慌てて、出発。
しかし、午後から強くなってきた風が、ここで思いっきり向かい風で、体が後ろへ飛ばされそうなほど。
無理して走って登るより、歩いた方が得策と、早歩きで進みます。
さきほど会話した方は走っていました。
しかし、早歩きの私は追い抜いて進んでしまいました(^^;
ほんと、私は歩くの速いんです。特に上り坂は。

頂上ぽく先が見えなくなってきたので、走り出したら、ちょっと下ってすぐに、また登り坂というようなコース。
心が折れます。前回で学んだはずなのに、同じこと繰り返してます。

太陽光パネルが見えてくれば、あとは下りということだけはしっかり覚えていて、ようやく見えてきました。
ちょっとペースアップして下ります。

最後の大エイド(前回はここで飛騨牛が提供)へ、飛騨牛がないですが、サイダーがあり、これが超おいしい!
いよいよ、ゴール目指して進みます。
B&Gエイド付近から、ずっと抜きつ抜かれつの女性ランナーと、抜きつ抜かれつ進みます。
先程、サブ12目指しますという男性ランナーに抜かれました。結構なペースで走り去っていきました。

前回と若干コースが変わったのか、田んぼ風景を走っていきます。
残り距離でカウントダウンされていきます。
私は、家族に連絡しつつ、ゆっくりペースで進みます。女性ランナーさんはラストスパートで一気に進んでいきました。
いよいよゴールに近づいてくると、たくさんのスタッフさんが5m感覚位で並んでまっていて、お帰りなさいやお疲れさまでしたなどの
掛け声をかけてくれる。
前回もそうでしたが、今回も涙が出そうになります。

アリーナ―への入口で、妻と娘と息子が待っていました。
だんどり考えていなかったですが、4人で並んでゴールへ走り、フィニッシュテープを切りました。

なんとか無事たどりつきました。タイムは11時間46分。最低目標の11時間には届きませんでしたが、前回より20分ほど早くゴールできました。

家族で椅子に座っていると、妻が水筒をくれました。
みそ汁でした!
以前に、私がマラソン走ってる時のみそ汁が超おいしいという話を覚えていたようで、用意してくれていました(^^)
やっぱり超美味しい~

いろいろレース中の会話などして、落ち着いてきたところで、旅館へ向かいます。
今回は、もう一泊してゆっくりして帰ります。

温泉に入り、汗を流し、市内の飛騨牛の焼肉屋さんへ
ビールもお肉も美味しい~